カタログ請求する

断熱・省エネ性能

家の老朽化を防ぐ【日本の暑さ、寒さ、湿気に対応する住性能】 四季に合わせて衣替えする断熱性能

夏には夏に適した、冬には冬に適した断熱を行うことが出来る家。
「ソーラーサーキットの家」の断熱性能は、暑さ、寒さ、湿気がある日本の気候の
変化に対応出来るように「外断熱」と「二重通気」の二つを組み合わせた独自の技術です。

日本の四季に対応し、服を着たり脱いだりする外断熱+二重通気工法

冬

冬はダウンジャケットを着たようなあたたかさ

冬に特に適した「外断熱」は、基礎から壁、屋根の上まで断熱材ですっぽりと覆うことで、家全体を外気からシャットアウト。
外の寒さを遮り、室内の暖かい空気を逃がしません。また、冬は、地面からの地熱を取り込み、家全体をあたためるので、
居室だけでなくトイレやお風呂場、小屋裏や床下まで温度差のない環境を保ちます。

SC小屋裏ダンパー閉鎖・インナーサーキット・アウターサーキット・SC床下ダンパー閉鎖・地熱暖気

夏

夏は風通しの良いTシャツを着たような涼しさ

夏に特に適した「二重通気」は、躯体内外に設けた二重の通気層を使って上昇気流をつくることで、室内の熱や湿気を排出。
空気のカーテンの様な役割を果たします。壁の内側のジメジメを防ぎ、室内を快適に保ちます。
また、二重通気で外の暑さを遮るため、エアコンだけに頼らず過ごしやすい室内環境をつくります。

SC小屋裏ダンパー開放・インナーサーキット・アウターサーキット・SC床下ダンパー開放・地熱涼気

外?性能(断熱性能、日射遮蔽性能)向上による効果

家じゅうどこにいても
快適な温度

深刻化の一途を辿る地球温暖化とエネルギー問題 。
その対策のために「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」が2009年に発足しました。 HEAT20はその略称であり、呼称です。

HEAT20は長期的視点に立ち、住宅における更なる省エネルギー化をはかるため、断熱などの建築的対応技術に着目し、住宅の熱的シェルターの高性能化と居住者の健康維持と快適性向上のための先進的技術開発、評価手法、そして断熱化された住宅の普及啓蒙を目的とした団体です。

メンバーは研究者、住宅・建材生産者団体の有志によって構成されています。

※当社モデル住宅による算定数値です。ご提案プランにより数値に変動があります。

地熱を取り込み、足元・屋根裏も快適な外断熱の家

足元から冷気・暖気を
カットする家

基礎まで断熱しています

基礎断熱するため、外気の影響を受けにくく、地熱を取り入れ床下温度が安定。夏は木陰のような涼しい床下。冬はあたたかな床下を実現します。また、家を支える基礎の耐久性も向上します。

[基礎断熱工法のシミュレーション]

住居スペースはもちろん
小屋裏まで快適な家

真夏の小屋裏の温度

屋根からの太陽熱の伝わりを抑え、小屋裏にこもった熱は外へ排出するので、熱ごもりを和らげます。たかさごの家は小屋裏も有効活用できる家です。

住みごごち目安表

様々な賞を受賞したワンランク上の外断熱

高性能断熱材

高砂建設の高性能断熱材は第6回オゾン層保護・地球温暖化防止大賞 経済産業大臣賞、 受賞。平成15年度 地球温暖化防止 環境大臣賞 技術開発・製品化部門も受賞。このSCフォームを屋根・壁に使用しております。快適な居住空間の創造に力を注ぎ、地球的視野で熱資源の有効利用を考えた断熱材となっており、建築分野における省エネルギーの代表的な直接的手段としてあげられる断熱材。”夏蒸し暑く、冬寒い”という日本の気候風土を踏まえたうえで、より快適な居住空間を創造するためには、過剰な冷暖房によって暑さや寒さを解消する時代は終わり、断熱材として高い評価を得ている「SCフォーム」は多くの要望をクリアした断熱材です。

窓のジメジメ結露なし、カーテンさらさらで快適

オール樹脂サッシ

窓は「環境性能」で選ぶ時代エコロジーに対する意識が高まり、家の窓も“環境への配慮”が問われる時代になりました。そこで注目を集めているのが「樹脂窓」。断熱性に優れ、冷暖房の消費エネルギーを大幅に抑えられます。

熱の出入りの割合を示した図

開口部仕様と室温・暖冷房負荷

躯体の断熱水準向上+開口部性能強化で、室温改善と暖冷房負荷の削減が実現できる。

▲PAGETOP