トップページ > オーナー施主の皆さまへ

オーナー施主の皆さまへ 夏の節電対策メニューのご紹介

まず自分の家を知っておこう!ソーラーサーキットに暮らすだけで50%も節電されています!

基礎の外側から屋根の上まで
家中をすっぽりと覆う断熱材。
夏の暑い太陽からの熱を家の中に
入れません。

衣替えできる家の秘密は通気にあり。
壁の中に新鮮な空気を通して、
湿気も熱も溜め込みません。

24時間換気システムで、
室内で発生する湿度も排出。
ジメジメから開放されて、扇風機でも涼しく感じる室内空気が実現します。

冬場には暖かい地面の熱は、
夏場にはひんやり涼しく感じます。
外気による影響を受けない地面の熱は、
一年を通じて安定した地熱を室内に伝えて
冷暖房コストを削減します。


今年の夏の節電対策。一番効果のある節電方法は?

■夏の消費電力円グラフ

出典:資源エネルギー庁推計

※数値は最大需発生日を想定
※端数処理の関係で合計は100になりません


さらに・・・もうちょっとの工夫でもっと節電が出来るんです!

夏の節電対策 14:00~16:00のピークカットで賢く節電!

みんなで取り組もう!節電対策メニュー

エアコンの室温設定は「28℃」を
心がけましょう。

テレビは省エネモードに設定し、
画面の輝度を下げ、
必要な時以外は消しましょう。

「すだれ」や「よしず」などで窓から
の日差しを和らげると、
エアコンの節電につながります。

便座保温・温水のオフ機能、
タイマー節電機能があれば、
これらを利用しましょう。

無理のない範囲でエアコンを
消して、扇風機を使いましょう。

上記の機能がなければ、
コンセントからプラグを抜いて
おきましょう。

冷蔵庫の設定を「強」から「中」に
変え、扉を開ける時間を出来るだけ減らし、食品をつめこまないようにしましょう。

お米は早朝にタイマー機能で
1日分まとめて炊いて、
冷蔵庫に保存しましょう。

日中は証明を消して、
夜間も照明をできるだけ
減らしましょう。

リモコンの電源ではなく、本体の主電源を切りましょう。長時間使わない時はプラグを抜いておきましょう。


※節電効果の記載値は、在宅世帯の日中の平均的消費電力(14時:1200W)に対する削減消費電力の目安です(資源エネルギー庁推計)。
 また、削減率は全て小数点以下を切り捨てています。

上手に使えばこんなに節電!一人ひとりが節電に取り組む今、たかさごからのご提案!

たかさご建設の節電しながら涼しく過ごす!夏も涼しいテクノロジー!しかも節電