特集ページ

トップページ > 特集ページ > たかさごの耐震剛床システム

国内最高基準の耐震性能・耐久性能を実現しました。

近くの森の木で建てる。最強の木造軸組工法が誕生。

近くの森の木で家を建てる。
埼玉で生まれ育ち、江戸の街並みを支え続けてきた「西川材」。
私たちと同じ地場の気候風土で育った木材です。
木材の育った同じ気候風土の地で家づくりに使うからこそ、
木材本来の強さや優しさを引き出すことが出来る。
たかさごの家づくりが西川材を使い続ける理由はそこにあります。
そして今年、西川材の高い品質とたかさごの技術を結集して、「最強の木造軸組工法」が誕生しました。

「たかさごの耐震剛床システム」は、国内最高基準の「耐震性能・耐久性能」を実現します。
無垢地域材「西川材」の温もり、快適な住空間をつくり出す上で欠かせない
「大開口」「吹抜け空間」や「小屋裏スペース」を犠牲にすることなく「耐震等級3」を標準仕様とすることを可能にしました。
そして、その「耐震性能」を長期間持続させる上でもっとも重要な「耐久性能」も「外断熱・二重通気工法」特有の壁体内の通気工法により、
除湿・通気の効果により、壁内・躯体内の環境を良好に保ち、新築時の「耐震性能」を長期間持続させることが可能となります。

地震の多い日本国で建てる家だから… 耐震等級3が標準です。

最強の地域無垢材木造軸組工法「たかさごの耐震剛床システム」の開発に成功!!無垢地域材「西川材」を活用した「耐震等級3・劣化等級3」標準仕様は、業界初!

たかさごの耐震剛床システム

ECO Technology
ご存知ですか?「耐震等級」

たかさごのエコプロジェクト

国の家づくりモデルに選ばれた「たかさごの200年住宅」。数々の実証試験でその性能を証明しています。

たかさごの家づくりが、他では真似のできない高い住宅性能を備え、国から「日本の家づくりモデル」として選ばれたのには理由があります。

多くのお客様にとって住宅は、人生で最大の買い物であり、家族の幸せと安心と安全を守る「大切な器」です。
いい家を作ることは当たり前、絶対に失敗があってはならない。常に努力し、
常に最高品質の住宅を提供し続ける事が高砂建設の使命と考えています。
創業35年、これまでテーマに掲げてきた「人と地球にやさしい家づくり」をとことん追求し、
一つ一つの技術を確立し積み重ねてきました。そして、その積み重ねてきた結果が
「日本の家づくりモデル」として、国に選ばれたものであると考えています。

■耐震構造試験


建築基準法の1.5倍の耐震強度を証明。
地域材木材使用で業界初の耐震等級3を全棟標準仕様。

■劣化対策試験


外断熱工法による雨水侵入防止・湿度侵入防止工法「止水ライン」の
実証試験。
外断熱・二重通気工法による壁内通気による「湿度排出効果」の実証。


■気密性能試験


外断熱の施工品質を向上し、標準施工で
気密性能【0.5㎡/㎝】以下の性能を実施。

■温熱環境実測試験


標準施工で熱損失係数【Q値1.94】を実証。
一般的な長期優良住宅【Q値2.7】以上の性能を証明。

■性能表示木材試験


業界初!地域無垢構造材「西川材」をグレーディングマシンによる構造体1本1本に強度試験を実施。
無垢構造材の強度を表示します。


▲PAGETOP